生活保護者や低所得で葬儀が行なえない人は葬祭扶助費を活用しよう!

宗教宗派にのっとて

葬式

種類はいろいろ

人が亡くなればお葬式を出すのが一般的です。横浜でも毎日お葬式が挙げられています。葬儀はお別れの儀式でもあり、故人が亡くなったことを周囲に告知する儀式でもあります。これらの葬儀にはいろいろなものがあります。仏教で行うお葬式や神教あるいはキリスト教で執り行うもの、宗教宗派によっていろいろなお葬式が執り行われています。また葬儀の種類も会葬者を招いて行う一般の葬儀や、会社や団体が主催して行う社葬や団体葬、故人の家族だけで行う家族葬や葬儀などのセレモニーを行わない直葬や火葬など、種類もいろいろになっています。横浜で葬儀を行うときは故人の代表である喪主を決めて、その家の宗教、宗派にのっとった宗教者を招いてセレモニーを行うのが一般的になっています。直葬や火葬の場合は宗教者を招かないこともあります。親族の間でどのような葬儀にするかを決定して葬儀業者に葬式の依頼をすることになります。横浜にも多くの業者がありますので、しっかりと選択することが大切です。また業者の中には対応ができる宗教とできない宗教がありますので、よく相談してから業者を選択するようにしてください。葬儀を行うことで皆さんに故人が亡くなったということを告知することができます。横浜では家族葬と呼ばれている身内の家族や親族だけで行うお葬式が主流になっていますが、このお葬式は一般の会葬者を招かないためお葬式を行った後で、お別れの会を行う親族が多くなっています。