生活保護者や低所得で葬儀が行なえない人は葬祭扶助費を活用しよう!

葬祭扶助費を申請するには

葬儀

最もシンプルな葬式

生活保護を受けていた一人暮らしの知人が亡くなりました。その時に困ったのが葬儀費用です。預貯金もなく親族も費用を負担できないため葬儀をすることができません。そのため地域の民生委員に相談してみると、生活保護者には葬祭扶助費が支給されることが分かりました。葬祭扶助費は大人なら20万1千円、子供は16万800円を上限として支給されます。この費用の範囲内で行うので通夜や告別式などは省略して火葬だけという形になります。また一般的に初七日は葬儀当日に行うことが多いのですが、それも省略されています。葬祭扶助費は最低限の葬式をするために必要な費用なのです。生活保護葬は納棺したあとすぐに火葬するので故人との別れをする時間も比較的短くなります。しかし葬式の平均的な金額が100万円を超えることを考えれば仕方のないことです。しかも生活保護葬は無料で行うことができるのです。しかしどんな葬式であっても葬儀社の対応は丁寧で親切です。限られた予算の中でも精一杯の心配りをしてくれました。また友人や知人が献花をしてシンプルな葬儀に彩りを添えることができました。生活保護葬の支払いは役所と葬儀社の間で行われます。そのため家族や親族は手続きなどの心配はありません。ただ注意しなければならない点があります。葬祭扶助費は葬儀前に申請しなければなりません。葬儀後に申請しても許可が降りないことがほとんどです。また故人や家族に20万円程度の貯金があれば、それを葬儀費用として使うことになります。

蝋燭

葬儀のスタイル

近年、ひっそりと行われる家族葬が人気があります。家族だけで最期の見送りをしたいと希望する方や故人の遺言などで行うことが理由として多いです。または、急な葬儀は家族だけで後日お別れ会などを開くスタイルが多いです。

男の人

十分な別れの時間を過ごす

寝屋川で家族葬を行えば、家族だけで十分故人との別れの時を過ごせます。またご遺体を自宅に安置してもらえるのも魅力的なのです。寝屋川で葬儀社を絞り込む際は、見積額以上の追加費用を請求しない場所を探しましょう。

葬式

宗教宗派にのっとて

故人を弔うために葬儀を行なうことが一般的ですが、宗教や宗派によって葬儀の進め方が異なります。そのため、横浜で葬儀を行なう場合には、喪主を決めて葬儀の種類を決めましょう。